RHK
霊波之光

TEL 04-7121-2111

〒278-0022 千葉県野田市山崎 2683-1
東武野田線運河駅下車 徒歩7分
E-Mail info@rhk.or.jp

暖かい心は あいさつから 笑顔と思いやりに 喜びと幸せ

御 つ な が り (入 信)

幸せの扉を開こう

幸せへの門(参門)
参門
霊波之光の本部は、東武野田線(アーバンパークライン)「運河駅」の近くにあります。
JR常磐線「柏駅」、または、つくばエクスプレス「流山おおたかの森駅」から東武野田線に乗り換え、「運河駅」で下車し徒歩7分で霊波之光の参門に着きます。
参門前に立った時、目の前に広がる美しい御神域に誰もが目をみはることでしょう。サツキに覆われた祈りケ丘の向こうには、救いの城「天使閣」が望めます。

午前9時、開門です。大きな参門が開いて参拝の人達が続きます。
顔を輝かせ、足取りも軽く、参門を入るたくさんの人達に交じって、何か物思いに沈んだ方がいます。
病気に苦しみ、悩み抜いた果てに、救いを求めてやって来られた人達です。そうした人達が再び参門を通る時には、喜びあふれる別人のように明るくなっていることでしょう。
▼
参拝
参拝
幸せへの入り口は、「参拝」からです。参門を通ると、広い御神域は青々とした芝生や色鮮やかな花々が咲いて、訪れた方の心を癒してくれます。
どなたでも自由に参拝できますので、ご自分の目と耳と肌で確かめてみて下さい。霊波之光では大勢の方が喜びに浴しています。

開門時間は午前9時から午後4時までです。月曜日は閉門日ですが、月曜日が国民の祝日の場合は通常どおり開門し、翌火曜日が閉門日となっています。
▼
御つながり(入信)
御つながり
幸せに生きるために、生きるエネルギー(霊波)を頂くことが大切です。
そのためには、大神様と人間をつなぐ 御守護神様と御つながり(入信)することが必要です。
御つながりすることにより、幸せへの道が開かれます。
▼
神棚
神棚
(写真:神棚)

神棚の中央に御神体御札を祀ります。
神棚の無い方はタンスの上などに半紙を敷いて御神体御札をお祀りしてもかまいません。
▼
お祈り
お祈り
(写真:礼拝堂)

「人の喜びは我が喜び」が教えです。暖かい心で日々を過ごし多くの方が幸せになれますよう、お祈りを捧げることが大切です。
お祈りの言葉は
御守護神様御守護神様…」が感謝の祈りで
御守護神様二代様、我等人類救済の道へあゆませ給え」が結合の祈りです。
どちらのお祈りでも構いません。いつ、どのような場合でも、お祈りを忘れないで下さい。
▼
御祈願
御祈願
(写真:聖神殿)

私達は生きていく中で悩みを抱えたり、問題に突き当たったりしますが、そうした時、一日も早く悩みや問題を解決して頂くために各種の特別御祈願があります。
御祈願には、浄霊御祈願、当病平癒御祈願をはじめ交通安全、厄除、受験合格、安産、就職、旅行安全、金銭解決、大願成就、商売繁盛、事業成功、五穀豊穣などがあります。

※御祈願の受付時間は1回目が開門から午前10時30分まで、2回目が正午十二時のお祈り後から午後1時までです。礼祭日、大祭日は時間が変わりますのでお問い合わせ下さい。
※御祈願についてのご相談は、本部の第二受付、各支部、各礼拝所へお問い合わせ下さい。



幸せの道へあゆむ

手続き
手続き
(写真:第二受付)

御つながり(入信)は、本部の第二受付、支部、礼拝所で受付ています。感謝金5千円で御神体御札と月刊誌「THE REIHA」が頂けます。
(月刊誌「THE REIHA」は年内、毎月1冊お手元に郵送されます)
一家に一体お祀りすることにより、同居するご家族にも絶えず霊波が送られるようになります。
▼
あゆみ
ご自分の幸せを確かなものとするために、日常の心のあり方を身に付けることが必要です。そのために御教えが説かれた「御書」などの出版物や、助け救われた方々の体験談が聞けるDVDが用意されています。
また、幸せになられた方のお話をじかに聞く会合も各地で開かれています。
御つながりした月から毎月1冊、月刊誌「THE REIHA」が郵送で各家庭に届き、希望する方には体験紙「生きる喜び」を、無料で役員さんからお渡しします。
御教えを学ぶ出版物をお知りになりたい方はこちら⇒「出版物の紹介」