RHK
霊波之光

TEL 04-7121-2111

〒278-0022 千葉県野田市山崎 2683-1
東武野田線運河駅下車 徒歩7分
E-Mail info@rhk.or.jp

暖かい心は あいさつから 笑顔と思いやりに 喜びと幸せ

体 験 談

体験談のご紹介

 こちらでは、霊波之光に御つながり(入信)して、「生きる喜び」を頂いた信者さん方の喜びの声や体験談を紹介いたします。

タイトルをクリックして頂くと体験談が表示されます。

台風の豪雨で堤防決壊も浸水免れる 北海道南富良野町 60代、男性
 大型台風の接近による豪雨に見舞われ、1キロと離れていない1級河川の堤防が決壊。夜中3時頃に近所の人に起こされた時は、家の前は幅50メートル超の濁流が流れていました。
 家族を起こし急ぎ「火伏せの御笹」を1本は玄関に、1本は1階の窓に内側から貼り付け、神棚の前でお祈りし、迎えに来た車で避難しました。
 夜が明け、午前7時のお祈りをし、自宅の方を見ると水が引くのが判ったので8時過ぎに帰宅。恐る恐る玄関のドアを開けて驚きました。室内に全く水が入っていません。見ると窓の桟に泥がたまっていて川の水が窓の高さまで来ていたことが判りました。
 周辺の家屋が床上浸水し、倉庫や車庫がつぶれたり流されたりする中にありながら浸水被害を免れたのです。「御守護神様が守って下さったのだ」と家族と心から感謝し、被害状況が判る新聞紙面を持って行く先々で御力の尊さをお話しています。
「事故で足切断の危機」を免れる 埼玉県さいたま市 20代、男性
 高校2年の夏休みでした。バイクを運転中、前の大型トラックが非常点滅表示灯を付け停車したので減速し、対向車の通過を待って右車線を加速すると、トラックの前で右折を待っていた乗用車が発進したため右前輪部へ激突。私は救急車で病院に運ばれ入院しましたが、左足に負った深い傷が化膿してはれ、1週間経っても高熱が下がらず「最悪の場合は足を切断」との診断に驚いた母が、知人に導かれ御つながりしました。
 そして、浄霊御祈願で頂いた御神酒を移してもらうと熱がすぐに下がり、足の傷口から真っ黒な水のようなものが出ると、みるみるはれも引きました。
「順調な回復は御力によるもの」と心から感謝して過ごすと、満願日に退院。事故から1カ月後にあった修学旅行にも杖を使うことなく参加できました。
多臓器転移した癌から救われる 愛媛県今治市 70代、男性
 68歳の時、末期の大腸癌と告げられ大変落ち込みましたが、病気のことは、御守護神様二代様にお任せし、翌年2月、手術を受けました。
 手術前のMRI検査の時、検査室で、御守護神様の御姿が現れ、その場の機械音が全て消えてしまう現象体験を拝しました。その後、8時間の手術では、1200t以上の輸血が必要と言われていましたが、輸血無しで済んだのです。
 ところが、半年続けた抗癌剤治療の効果が現れず「多臓器転移」と告げられました。保険の使えない高額の抗癌剤投与が計画されることになって、私は心の底からすがりました。
 そして、浄霊御祈願を頂き参拝を重ねる中で迎えた翌年2月、高額の抗癌剤投与を始めるためのCT検査では、なんと全ての癌が消えていたのです。
 大腸癌の手術から6年を迎え、医師より「大丈夫。もう来なくていいですよ」との言葉をもらいました。
 命ある限り、御守護神様の御実在をお伝えしてまいります。
部活、学校生活が一層楽しくなる 北海道北見市 10代、男性
 中学2年の夏の事です。僕は暑いとたくさん汗をかくので、汗対策をしていましたが、級友から臭いと言われてからかわれ、誰も近寄らなくなりました。それが、霊波之光の青少年部集会に参加してから変わりました。
 翌日突然、担任が家に来て僕の話を聞いてくれ、次の日、学校に行くと、からかっていた級友が謝ってきて、元の楽しいクラスになりました。
 秋には、演劇部で部長に選ばれました。ところが、同学年の部員の取り組み姿勢が違ううえに、顧問が忙しくて相談する時間が取れず、一人で悩み、好きな演劇部を辞めたいと思いました。
 そうした時、青少年部集会で教えられた「笑顔とあいさつ」に努め、いつもお祈りするよう心掛けました。
 そして3年生になると、演劇部にやる気ある1年生が何人も入部。顧問がクラス担任になってふだんから話ができるようになり僕の悩みは一気に解決。一層充実した学校生活になりました。
御祈願を頂き喜びの再就職 愛媛県松山市 40代、男性
 会社の上司が不正を行っている事に何度進言しても改まらず悩んでいた私は、ある日その上司からいきなり解雇を言い渡され、職を失ってしまいました。
 それまで私は、霊波之光の信仰を真剣に受け止めていませんでしたが、妻の勧めで浄霊御祈願、対人解決御祈願と就職御祈願を頂くと大変に心が晴れ晴れとし、ご奉仕に参加すると、その最中に私の事情を知る知人から就職を紹介する電話が入り、翌日、それまでを上回る年収額で再就職が決まったのです。
 後日、私の不当解雇を知った以前の会社の社長が直々に謝罪に来てくれ、何のわだかまりもなくなり、新しい職場で元気に働き始めることができました。
好条件で念願のマイホーム購入 東京都武蔵野市 30代、女性
 私達夫婦は、結婚当初、家の購入は全く考えていませんでしたが、友人から「家は買わないの」と聞かれた事がきっかけで物件を探してみようということになりました。
 近所で幾つもの物件を見学しましたが、希望にかなうものに巡り合えませんでした。そこで、住宅解決御祈願を頂きますと、その数週間後、環境も良くキッチン設備等が充実している好物件が見つかりました。
 しかし、そこは価格の高い東京都下のマンションで、予算を超える価格のため断念せざるを得ませんでした。その時、マンションの営業の人が「キャンセルになったばかりで、まだどなたにも言っていない物件がある」と紹介してくれたのです。それは、希望どおりの間取りで金額にも無理がなく即日契約しました。更に展示用の物件でもあるため、家具、カーテン、照明、食器類やオブジェなど購入しようと思っていた物が幾つも付いており、しかも短期間で引き渡しと引っ越しが済み消費税が上がる前に購入できて大助かりでした。御祈願を頂いたおかげと心から感謝しました。
引きこもりと体調不良の子供に救い 沖縄県豊見城市 40代、女性
 高校受験に失敗した長男は自宅に引きこもり、長女は小学6年の時、教室に入ると吐き気を催したり、訳もなく涙を流したりと体に変調を来たし、保健室で一日を過ごしていました。
 そんな時、職場の同僚から「どんなことからも助け救ってくれる神様」と霊波之光の話を聞き、参拝し御つながりしました。
 そして、子供達の幸せをお祈りしていると、長男は「もう一度受験したい」と前向きな心になり、自分に合った塾も見つかって、受験合格御祈願を頂いて試験に臨み合格しました。また長女は体調を崩すことがなくなり、笑顔で中学校へ通い、クラスメートと楽しく勉強にスポーツにと充実した日々を過ごせるようになりました。
いじめがなくなり楽しく登校 群馬県館林市 10代、女子
 小学4年生の時、席替えで隣になった男子が、授業中、私にいたずらをするようになりました。私が怒ると、いたずらはどんどんひどくなり、竹の物差しでアザになるほど強くたたかれ、泣いてしまうこともありました。
 私は何もしていないのにと悩んでいたある日、「あっ、そうだ。お祈りだ」と思い、次の日から心の中でずっと 「御守護神様、 御守護神様…」とお祈りをしました。
 そして、前に見た霊波之光の体験ビデオ「いじめ」を思い出し、「自分が変わらなきゃいけない」と思い、相手の男子に笑顔を心掛けていると、いたずらを全くしなくなりました。
 それからは、だれからもいやなことをされず、楽しく学校に行っています。
健康回復、倒産の危機も免れる 北海道小樽市 40代、男性
 自営の建築業が、受注減少、価格破壊、取引先破産による工事代金の回収不能、果ては、銀行から返済を迫られるなど大変厳しい状況が続き、ついに経済的にも精神的にも追い詰められ、主な取引先に破産する旨を伝えると、1人だけかたくなに反対し、その方が霊波之光の話をしてくれました。
 信仰するつもりはありませんでしたが、私を親身になって心配してくれる暖かさにひかれ霊波之光に行ってみると、素晴らしい所だったので御つながりしました。そして浄霊御祈願を頂くと、2日後には胃弱と肩凝りの苦しみが全くなくなったのです。
 更に、願っていた銀行の融資が受けられ最大のピンチを切り抜け、今では業績が年々上向きとなり喜びで一杯です。
不治の病「1型糖尿病」から孫が救われる 奈良県大和郡山市 60代、女性
 10歳になる孫が数々の合併症を引き起こす不治の病「1型糖尿病」と診断され、母親である次男の嫁は眠れぬ日々を過ごしていました。
 そこで、3年前に霊波之光に入っていた私は、次男家族に霊波之光を勧めると早速家族で参拝しました。そして御つながりし浄霊御祈願をお願いすると、いつも「体がだるい」と伏せていた孫が「体がとても楽」と走り回っていたのです。
 翌日は当病平癒御祈願を頂き、その後も次男家族は参拝を続けていると「なぜか判りませんが良くなっています。血糖値も正常です」と医師から診断されました。不治の病と告げられた孫が3カ月で治り、私の心も救われました。今、本当に幸せです。ぜひ、あなたも霊波之光で幸せになって下さい。
先天性の難聴が完治する 長崎県長崎市 40代、男性
 先天性の難聴で補聴器を付けてもやっと聞き取れるという生活を47年間も続けてきた私は、知人に誘われて霊波之光に参拝しました。長年宗教に偏見を抱き強い抵抗感がありましたが、御神域のさわやかな雰囲気と信者さんの明るい笑顔とあいさつに心が晴れ、体験談を話す方もとても嘘を言っているとは思えず御つながりしました。
 以来、休みの度に参拝して話を聞くうちに「人の幸せを祈る素晴らしい信仰」と解り、友人を導いた晩の事です。寝ていると「バーン」という大きな音がして飛び起きました。
 補聴器を外しているのに不思議と思っていると、この日から自分が出す声も周りの音も補聴器なしで聞こえるようになったのです。
母の認知症が治る 宮崎県宮崎市 60代、女性
 認知症の母の介護に疲れ、少しでも良くなればと、あちこちの宗教にすがりましたが、だめでした。
 ついに排せつ物で部屋を汚すようになり、病院から出されてしまい、親子心中を考える程に追い詰められました。そんな時、友人が霊波之光の話をしてくれましたが断りました。
 しかし、再び熱心に勧めてくれたので連れて行ってもらうと、とても感じの良い所だったので御つながりしました。
 その4日後の朝、いつものように母を立たせるために父と2人掛かりで抱きかかえると、軽く支えるだけで立て、硬くなっていた体も表情も柔らかくなりました。更にその後、参拝する度に母の状態がしっかりとし、今では認知症が治ったばかりか、頑固だった父も優しくなり、笑顔の日々を送っています。
法科の大学院に合格、法曹界へ道開く 千葉県山武市 20代、男性
 中学校で生徒会長をして「人の役に立ちたい」との思いを強くした私は「弁護士になろう」という夢をもって、大学の法学部に入学しました。卒業後、法科大学院への進学について両親に相談した時、受験合格御祈願を勧められるとともに、自分にできるあゆみをすることの大切さを聞き、御教えである「あいさつ」と「笑顔」の実践を心掛けました。そして、アルバイトで貯めたお金で賛助会にご奉仕しました。
 こうして法科の大学院を受験すると無事合格。設問を見た時、大学の後輩に勉強を教えるためによく下調べをしていた分野からの出題で、御導きを感じ感動を覚えました。しかも、試験の成績が良かったことから3年間の過程を2年間で終了するコースに入れ、更に2年間の授業料が免除になりました。感謝と喜びを忘れず、目標に向かって全力を尽くしています。